December 12, 2017

今年いっぱいはスケヲタモードですので、悪しからずご了承くださいませ。




null

今日の一枚。
今住んでいるマンションの1Fに入り浸っている、近所のマスコット白猫さん。
22は無害な人間と認定されているらしく、よくお膝に乗っかってくれます。

なぜ猫ちゃんの写真なのかと言うと、

TPDのライブ写真だけ撮り忘れていたからだ!!



・・・・・・大 失 態 orz


改めまして、"The Encounter"にご来場いただいた皆様、出演してくださった3組の皆様、LAGUNA店長の加鹿さん、本当にありがとうございました。


2017年12月3日(日)@下北沢LAGUNA

The Punky's Dilemma presents "The Encounter"


<共演>
津田一矢 プラス 椿 枝里子
富士栄秀也
Narumi (Campanella Complex)

<TPDセットリスト>
1.TPD #011
2.TPD #010
3.TPD #003
4.TPD #005
5.TPD #012
6.TPD #001
7.TPD #002

<TPDライブメンバー>
22:キーボード
URAOCB:スポークンワード
nonzi:ボーカル

(準備期間も含めて)この編成になって2年半しか経っていません。
リハ数も普通のバンドに比べるとかなり少ないです。一回2時間程度。
なのに、今や以前のメンバー在籍時のほぼ2倍の曲数です。

時間が限られているから、というのがこのメンツで吉と出たんだと思います。
短い時間で効率よく、内容を充実させなきゃいけないから。
それがちゃんと年末のライブでもしっかり反映できた、と私は思います。

ホストとして超強力なアクト3組をしっかり受け止めるライブができていた、とお客様が感じて帰っていただけたのであれば嬉しいです。

来月のEmergenzaはどこまで勝ち進めるのかわかりませんが(いや、「勝ち進む」のだ)、後悔しないように、今回と同じような密度の濃いライブをやりたいと思います。それで結果がついてくれば万々歳。


次に、今回TPD企画に出演してくださった3組を取り急ぎご紹介。

選んでオファー出したのはTPDだけど、ここまで濃密なイベントを成立させられたのは間違いなく出演者の皆さんのおかげなのです。
「普通な人がいなかった」というお言葉もいただきましたが、

それ22さんにとってかなりの褒め言葉ですよ!!


どっしり重くて濃くて、今思い出してもめまいがするくらい。


津田一矢 プラス 椿 枝里子

The Punky's Dilemmaさん(@thepunkysdilemma)がシェアした投稿 -



実は津田さんのアクトをじっくりと拝見するのは初めてでした。
急遽、椿 枝里子さんがご一緒に入ることになったのですが(よりによって2年連続「ツバキ」姓がw)、津田さん単独でも濃いのに、プラス椿さんでポカポカ陽気な昼の下北沢があっという間に濃密で淫靡な夜の世界に早変わりしてしまった。

この時点で「今回のラインアップもいけるで!」と確信。

富士栄秀也

The Punky's Dilemmaさん(@thepunkysdilemma)がシェアした投稿 -



夜の淫靡な世界から、突然前衛的なヴォイスパフォーマンス。
下北沢になかなかこういうのないよね。あまりにも急激な方向転換ですいませんw
RPPやってた頃から、ありえない方向転換してオーディエンスを混乱させるの好きなんです。

でも「濃い」ってことに関しては共通しているでしょ?

ステージには富士栄さんの身体と声だけ。まさに身一つ。
並大抵のフルバンド編成では絶対敵わない伝える力、情報量、雄弁さは私たちの想像を容赦無く掻き立てる。
身一つでそこに立つ富士栄さんは、なんでいつもこんなに美しいのだろう。

Narumi (Campanella Complex)

The Punky's Dilemmaさん(@thepunkysdilemma)がシェアした投稿 -



講義???本来は打ち込みで曲を作っているのに、なぜ講義??

実はですね、昨年Narumiさんはカメラマンとして"The Premiere"に参加してくださってまして、その時のツバキコウジさんの特撮名珍シーン解説に感銘(?)を受けて、今回オファーをかけたら「シンセサイザー講座をやります!」とかなり意気込んでいただきまして。


ツバキさん偉大すぎる。



量が多く30分だと足りなかったのが大変残念ですが、音楽をする人間にとってはとても有意義な講義でした。
Narumiさんのアクトは、間違いなくTPD企画のブッキングにおいて新しいジャンルが開拓された瞬間だと思います。

因みにTPD企画のブッキングは、音楽やんなきゃいけないとか朗読やんなきゃいけないとか、そういうルール一切ないし、設けた覚えもないです。

だから、来年の企画も外しすぎない程度にありえないブッキングをやらかしますので。


覚悟してろよ!!



Posted by tpdmusic at 18:54:05 | from category: TPDおライブ | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks
DISALLOWED (TrackBack)